固定回線とモバイルルーターの違い

固定回線のメリットデメリット

まず、固定回線のメリットについてです。
なんといっても、安定した高速通信ができることがあげられます。
固定回線は自宅に直接回線を引き込むため、通信速度が速いのです。
そのため、高画質動画をスムーズに再生できたり、アプリのダウンロードが早いという利点があります。
安定したネット環境が必要な人や動画の再生やダウンロードをする人には固定回線が向いているでしょう。
次に、固定回線のデメリットとしては工事が必要になるということがあげられます。
工事が必要ということは、すぐに利用することができません。
そのため、今すぐ必要という方には向いていないかもしれないですね。
また、工事できる家でしか使えないため賃貸だと難しいですね。

モバイルルーターのメリットデメリット

モバイルルーターのメリットとしては、外出先でもネットの利用ができることがあげられます。
固定回線はその名の通り「固定」されていますが、モバイルルーターは持ち運びができますのでいつでもどこでも利用できます。
また、申し込み後は工事が必要ありませんので、すぐに利用できることも利点です。
モバイルルーターは端末さえあれば利用できるということです。
引っ越しの時ももっていくだけで大丈夫なので、工事をせずに気軽に使いたい人やこれから先引っ越しするかもしれない人はモバイルルーターの方が向いているでしょう。

ただ、持ち運びができてしまうことはデメリットにもなり得ます。
1人暮らしではなく家族と共有している場合、外に持ち出してしまうと他の人が使えなくなってしまいます。
つまり、複数人で利用するには向いていないということですね。


この記事をシェアする